可能性を大きく広げるのはほんの少しの「チャレンジ」だと思う

こんにちは。四国、愛媛の研修講師、オフィス・カラーの水谷です。

Webカメラ。写りが全然違います。
目玉おやじみたいな外観が密かにお気に入り♡

先日、全国のテレワークの取組状況についての発表がありました。愛媛県は産業構造の関係もあり全国の中でもまだ取り組みが進んでいないとの事でしたが、そんな中「研修はまだ対面が良いけれど、打ち合わせはオンラインでしてみたい」とおっしゃってくださるお客さまが少しずつ増加してきて嬉しく思います。新しいチャレンジはこの先の可能性が広がるチャンスです。

実は私も今年は新しくWebカメラを購入しました。今まで「個人向け講座は対面で」と思っていたけれど、オンラインでも出来るように準備をしていこうと思っています。今までのパソコンに内蔵されていたカメラでも十分顔は映るのですが、より鮮明な方が画面の向こうのお客さまが安心してくださるのでは?と思い、購入を決めました。
1年前とは大きく変わった様々な出来事に少しずつ対応していきたいと感じる日々です。

これからの未来は「やってみなくちゃわからない」ことが多くなる。

オンラインを始め、新しいことに取り組んでみようという気持ちは、その先の未来がまた広がるという証です。
例えば、最初は苦手だと感じていたオンラインで、実際に打ち合わせをしてみた結果、
◆ 自身の会社に向いている・向いていないという事が判明する
◆ 意外と簡単だと気づく
◆ 今まで躊躇していたオンラインの講座に参加してみたいと思えた

等、取り組んでみたからこそ分かることがたくさんあると思います。自分で使ってみるからこそ、どの機能が便利か、あと何があればもっと使いやすいかも分かるのです。

テレワークは出来ないと思う、うちの会社は無理・・・。もちろん状況によっては本当に無理なこともあるでしょう。しかし、出来ないと「思う」状況であれば、どうすれば出来るようになるか考えることも大切かもしれません。1年前はコロナの影響がここまで拡がると私自身予想もしていなかったけれど、だからこそ、やってみなくちゃわからない!に取り組めるのも事実。選択肢は大きく広がっています。

お客さまとともに一緒に成長し、たくさんの情報をご提供できるよう、私もいろいろチャレンジしていこうと思った1日です。