【ひめボスメンターカフェプラス2020】自分らしくキャリアを考える

こんにちは。四国、愛媛の研修講師、オフィス・カラーの水谷です。

えひめ女性活躍加速化事業「ひめぼすメンターカフェプラス2020」が開催されました。
この事業は、3年前から行っている「ひめボスメンター制度」で活躍しているメンターたちの話をみんなにきいてもらい、メンター制度を知ってもらったり、自分自身のキャリアをかんがえてもらうというのが目的です。
私が担当したのは「東予会場」。当日は司会進行を行いました。


中予会場・南予会場・松山東雲女子大学でも同じように開催されたメンターカフェプラス2020ですが、内容は各会場の特色を活かして実施されます。
私たちの会場は
◆実際に管理職として活躍するメンターの話
◆外国から日本にやってきて活躍しているメンターの会社員人生を振り返って学んだ話
そして、
◆自分自身の未来を考えたり、周囲を認める大切さを知るワーク
・・・等、参加してくださったみなさんが「自分らしくキャリアを描く」お手伝いをする流れで進めました。

 

視点を変えると未来は見えやすくなる

1年後、5年後の未来って描きにくいという方が多いけれど、視点を変えれば考えやすくなります。例えば「1年後、いくらお金を貯めたいか」から考えるとそれに向けての行動計画が出来るし、「5年後自分がどんな資格や役職に就きたいか」で考えるのも良い。決まったカタチはないのです。参加者のみなさん、真剣にワークに取り組み、頷きながら話を聞く姿がとても印象的でした。

メンターのお二人。
アビリティセンター㈱マネージャーの王さん
損保ジャパン㈱課長の野間さん。
素敵なお話ありがとうございました。

ひめボスメンター制度は、愛媛県全体を一つの組織として考え、職域や立場という垣根を越えて、企業で既に活躍しているメンターが、応募のあったメンティの元へメンタリングに伺うという素晴らしい制度。
その制度がもっと県内に広がり「ロールモデルがいないから不安」「外の世界を知らないから自信がない」など、少しでも不安や疑問が解消されると嬉しいです。

これからも、企業の垣根を越えた仲間がとんどんひろがりますように・・・。私もそのために精一杯、協力していきたいと思います。