ワークライフバランスは意外とシンプル。ライフを楽しむことでワークが充実する

こんにちは。四国、愛媛の研修講師、オフィス・カラーの水谷です。

数年前から月に1度、パン教室に通っています。メンバーは私も含めて4人。先生のご自宅に伺って教えていただくレッスンなのですが、毎回この教室(ライフ)からの学びが仕事(ワーク)に通じることがとても多いと感じます。まさにライフとワークの相乗効果です。

ワーク+ライフ=100・・・ではない

ワークライフバランスというと、仕事と私生活の両立、つまり、ワーク+ライフ=100と考える方もまだまだ多いのが現実。しかし、そうではありません。「両立」と考えてしまうと
■仕事とプライベートはきっちり分ける
■若い頃は仕事重視。プライベートなんて後。

そういう捉え方になってしまい、仕事を一生懸命している人は私生活を楽しんでいない、またその逆もあることになってしまいます。

ワークライフバランスとは、仕事と私生活の「調和」です。つまり仕事と同じくらい、仕事以外の場(ライフ)を大切にすることで、人脈や価値観が広がり、結果仕事も短時間で成果を上げる工夫が生まれる。仕事と私生活、お互いの好循環を生み出すのが本当の意味でのワークライフバランスなのです。

話はするけれど、しっかり手も動かしながら
パンの作り方を学びます♡

パン教室ではメンバーは4人だけど、それぞれ年齢も立場も職業も違い、話題はさまざま。一番年下のAさんが、最近話題のClube Houseの話をしたかと思えば、年配のSさんは介護施設の話・・・と、「へぇ~、知らなかった」という話題もたくさん。全てではないけれど私の日々の仕事にも情報としてとっても役立つ時間です。

ライフを楽しむことで、元気が生まれてワーク(仕事)にも活かせる。このサイクルはまさにワークライフバランスです。ワークライフバランスや働き方改革って、難しそう・・・という声を伺うこともありますが、実はとてもシンプルで身近なもの。今現在の「働き方」を意識して見直してみると、意外と新しい発見も多く生まれます。

難しそう・・・と思っているお客様に、これからも私自身のライフを充実させながらわかりやすく「ワークライフバランス」「働き方改革」の魅力をお伝えしていきたいと思う日々。「うちの会社は無理」と思うその前に、自分の周囲で出来る一歩を一緒に探して実践していただけるお手伝いを、研修を通してこれからも伝えていこうと思います。