【新入社員研修】朝と夕方では別人になる!目指すのは「教えてあげたくなる新人」

こんにちは。四国、愛媛の研修講師、オフィス・カラーの水谷です。

4月。新年度がスタートです。今年は例年以上に新入社員研修のご依頼をいただき、新年度スタートを楽しい研修で踏み出すことができました。

本日、明日と2日に渡って伺うお客さま。オフィス・カラーの研修は研修時間にもよりますが、1日以上の研修の場合は大抵「社会人としての心構え」からスタートします。学生時代と社会人になった今の意識改革をしっかり行い、具体的な目標設定を示すことで、休み時間の過ごし方、研修室でのゴミ当番を始め「社会人として大切なこと」を、自ら発信できるようになるのです。

本日のメニューは主に
■社会人としての心構え 
■挨拶・笑顔・身だしなみ 
■言葉遣い

です。

たとえばお辞儀一つでも、どのような意味を持つか考えて練習することで美しさは全く違ってきます。美しいお辞儀は膝裏が痛くなるのですが、これは社会人の痛み。
挨拶や笑顔も「ただ笑顔で挨拶する」のは誰でも出来ます。しかし今回目指すのは「周囲から教えてあげたいと思われるための笑顔や挨拶」。難易度がグーンと上がるのです。
一緒に過ごす中で、段々と新入生たちの顔が、責任感を増してくるのがわかりました。

本日の研修の後、「明日も頑張ろうね」という私の掛け声に「はいっ」と素早い返事を返してくれたり、私が会場を後にする際、立ち上がって見送ってくださいました。その姿を見ていたご担当者のNさんが「私、とても嬉しい。今朝は聞いているのかどうかもあまり反応がなかったのに、きちんと返事をして、立ち上がってお見送りまでしている姿に感動しました」と、とっても喜んでくださり私もとても嬉しかったです。
でも、まだまだよ。明日も研修は続きます。明日は今日みなさんが自分で立てた目標が「出来るように」しっかり指導を行います。楽しみです。