【新入社員研修】「何事も取り組めば出来る」事実が新入社員を大きくする!

こんにちは。四国、愛媛の研修講師、オフィス・カラーの水谷です。

新入社員研修もラストスパート。今回は、4月初旬に研修を受けてくださった新入社員のみなさんと一緒に、1日電話応対です。言葉遣いや声の出し方、電話の基本は一緒に勉強しているので、今回は完全な応用。あらゆる電話に対応できるよう鍛えていきます。

目指すのは「上手な」電話応対

電話応対で1日も?!と思われるかもしれませんが、ただ単に「かける」「受ける」だけなら誰でもできますが「上手にかける」「上手に受ける」となると話は別です。
「上手な」電話応対は相手に合わせながら、相手をリードし、自分の伝えたいことを伝えられる。電話の短所を長所に変えることができるのです。

ポイントを押さえながら、何度もロープレを重ねていったみなさん。午前中が終わった休み時間、新入生同士の「俺、なんか流れが掴めた!」「俺も俺も!」「これで上手にかけられるな!」という会話が耳に入り、私も嬉しい気持ちになりました。

ロープレを通して「出来た」事実が自信になる!

今回、実際によくかかってくるお客様リストを使用したり、電話のデモ機を使用しながらロープレを行ったことで、より具体的に実際の電話応対を体験でき、さらに自信がついたようです。「何事も取り組めば出来る」という事実が、新入社員のみなさんをまたひとまわり大きくしてくれました。

私のビジネスマナー研修・電話応対研修を含めて約3週間の研修を終え、これからいよいよ現場実践です。新入社員であると同時に2年目の準備のスタート。明るい未来を私も応援しています!