【アンコンシャスバイアス研修】自分の思い込みに気付き、新しい発想を生み出そう!

こんにちは。四国、愛媛の研修講師、オフィス・カラーの水谷紀子です。

愛媛県今治市内で「アンコンシャスバイアス」をお伝えしました。当初3年目の社員向けに…とのことでしたが、ご担当者さまと相談を重ね、2年目3年目社員の合同研修にしよう!という流れになったのです。
違う入社年度のみなさんが同じ研修を受けるなんて、あまりない機会。
私もワクワクしながら準備を進めました。

日常にはたくさんのアンコンシャスバイアスが溢れている

今回のテーマは「アンコンシャスバイアス」。
これから会社の核となるであろう若手のみなさんに気付いていただきたいバイアスをいくつかピックアップしてお伝えしました。
■どうせ私には無理、と思うインポスター症候群
■今のままでもいいや、と思う現状維持バイアス
■○○の人は△△だ、と属性で判断するステレオタイプ

・・・など、日常にたくさんのアンコンシャスバイアスは溢れています。
私自身が組織に属していた頃の話も交えながら、先ずは気付くことの大切さをお伝えしました。
途中「そっか~」「ふむふむ」と、受講してくださったみなさんの思わず漏れる声にほっこりしながら、進めていきました。

これって、私のアンコン?と問いかけてみる!
アンコンシャスバイアス研修は
グループワークが多めです

アンコンシャスバイアスは、誰にでもあって決して悪いものではありません。でも、自分自身にもたくさんのバイアスがあること。そして「これってアンコン?私、思い込んでない?」と自分に問いかけることで、新しい発想が生まれたり、周囲の意見を素直に受け止めることが出来ます。

私の研修はグループワークが多めですが、今回はいつも以上に周囲の意見を大切にする時間を多く取りながら進めました。

最後に自分自身のアンコンシャスバイアスも考えていただきましたが
・頼まれたら「やってみます」と、内容を確認せずに引き受けていた。
・やってみる前から「面倒だな」と思ってしまっていた。
・自分はこうだったから、後輩もこうするのが普通だとね、と思う傾向がある

など、様々な気付きがあったようです。

これからさらに、仕事でもプライベートでも様々なアンコンシャスバイアスに気付き、自分自身の世界を広げてイキイキと日々を過ごしていただきたいと思います。

オフィス・カラーは、全国どこへでも研修に伺います。オンラインでの研修も可能です。ぜひお気軽にお問い合わせをお待ちしています。